やる気を保つコツ

やる気を保つコツ

やる気は物質。やる気を出すにはコツがいる。

浪人の勉強法、その4。

 

今回は、モチベーションを保つコツについてだ。

 

やる気については、やる気を出す方法も見て欲しいが、人間のやる気というのは、意志ではどうしようもない。

 

「やる気を出せ」と言われても、やる気が出るヤツなんかいない。

 

「やる気」というのは、人間の命に関わることなので、そんなに都合良く、出るもんじゃないんだ。

 

やる気を出せるのは、脳が<やる気物質>という脳内物質を使って良いと判断した場合だけだ。

 

それをまず、押さえておこう。

 

でないと、出るはずのない<やる気>が出ないと言って、延々悩むことになる。

 

で、脳が<やる気物質>を使っていいと判断するのは、条件としては、(1)確実に成果が上がること(終了の期限が見えていること)(2)社会的な評価を得られること(ほめられるようなこと)(3)緊急事態(火事場の馬鹿力)ということだ。

 

いつまで続くのか分からないと、やる気は出ない。

 

ほめられないことでは、やる気は出ない。

 

せっぱ詰まらないと、やる気は出ない。

 

そういうことだ。

 


スポンサードリンク

すき間理論で、気持ちよく勉強を続けろ

大学受験が終わって、大学に再挑戦することに決めて、勉強し始めたのは良いけれど、実は秋までエンジンなどかからない。

 

受験前は、一日10時間前後もできた勉強が、受験後は3時間でもグッタリしてしまう。

 

これにはいろんな原因があるでしょうが、一つにはせっぱ詰まってないせいだ。

 

やる気が出る条件にも、「せっぱ詰まっている」と言うのがあるが、夏までは、せっぱ詰まらないのでやる気が出ない。

 

なので、受験勉強を続けるためには、あまり難しくないことをやる必要がある。

 

わかることが9割で、わからないこと1割くらいのペースで勉強した方が、実はスムーズに進む。

 

なので即戦ゼミなどのシリーズをやるとしたならば、一番簡単な「即戦ゼミ11」から始めて、次は「8」を経て「3」に進む方が、実はやりやすい。

 

いきなり「3」から始めて挫折して、また他の参考書に手を出して、そこでも挫折というのは最悪だ。

 

なので1番易しいところから始めて、そこだけは淡々とがんばる。

 

それが実は、勉強を続けるコツだったりします。

 

個人的には、『合格英熟語300』(ごま書房)とか、『全解説入試頻出英語標準問題1100』などの方が私は好きですが。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加