大学受験の戦略

大学受験の戦略

★英単語暗記第1位★動画で18日間学べば1万4,000語がカバーミリオン・ボキャメモリー

★脳力開発★東大医師監修・森田敏宏の天才脳開発パーフェクトブレイン

★英語★医師が教える科学的英語勉強法講義

★大学受験★医学部合格者が教える大学受験勉強法

受験勉強を始める前に決める事

大学受験を始めよう。

 

でも何をするにも、まず計画を立てねばなりません。

 

そして計画を立てるには、目標をハッキリさせねばなりません。

 

そのためにはまず何をやりたいのか、クリアーにしましょう。

 

皆さんは来春・来来春の大学合格を夢見て、受験勉強をしているわけですが、志望校や志望学部はもう決めましたか。

 

大学に行って何をするか、大学を出て何をするか、出来るだけ早くクリアー(明らか)にしておかなければなりません。

 

というのも高校まではどこへ進学しても、勉強する内容自体は大して変わりませんでしたが、大学からはまるで違うことを勉強することになるからです。

 

医学部や薬学部に行けば、毎日医者になったり薬剤師になったりするための勉強漬けになります。

 

工学部や理学部に行けば、毎日のように物理や化学の授業と実験があります。

 

文学部に行けば第2外国語のみならず、第3外国語まで勉強する場合もありますし、法学部なら毎日難解な法律の条文に取り組むことになるのです。

 

そう言うわけですから、「入れるところに入ればいいや」「就職に有利だからこっちに入っておこう」などと考えていると、入ってから興味もない面白くもない勉強で苦しむことになります。

 

そんな嫌な思いをせずとも済むように、自分が何をしたいのか何に興味があるのか、可能な限りクリアーにしておきましょう。

 

好きでもないことのために努力できるほど、人間は都合よくできていません。

 

「そんなこと言ったってわからないよ」と言う方は、子供の頃に興味のあった分野を目指しましょう。

 

やりたいことというのは、生まれ持った性格と子供時代の興味で、ほぼ決まってしまうものです。

 

子供の頃、夢中になってやっていたこと。

 

それを思い出せれば自分が夢中になれる仕事や、やりがいのある仕事に就くための進路が見えてくるでしょう。

 

それでもクリアーにならない場合は、得意な教科をもっと勉強できる方面に、とりあえず進路を取ってください。

 

得意なのは好きな理由がその教科のどこかにあるということですから、そこにきっと鍵があります。

 

そうして自分の心に素直になって、受験勉強を始めましょう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加