速聴で、効率的に復習

速聴で、効率的に復習

倍速音声を作って、速聴しよう!

入試まで後数ヶ月になってくると、英単語などの語彙が不足してきます。

 

それと同時に、時間も足りないと感じ出すでしょう。

 

しかし、復習は記憶を確固たるモノにするために必要ですから、時間を削るわけにも行きません。

 

なので、パソコンで倍速録音して、それを聴いて復習するという方法が有効です。

 

いわゆる「速聴」というやつですね。

 

速聴というのは、音声を2〜4倍速くらいで聞く方法で、これを繰り返しやっていると、脳が活性化されると言います。

 

そのための教材も、色々売っていますが、これをやるわけです。

 

「でも、自分にピッタリの速聴教材など、売ってないよ」そんな声も聞こえてきそうですが、音声ファイルさえあれば、倍速ソフトはパソコンで作れます。

 

今回は、その方法を紹介します。

 

まずはソフトのインストールです。

 

ウインドウズXPのパソコンを使っている場合は、次の二つが使えます。

 

他のOSをお使いの人は、ごめんなさい。

 

聞々ハヤえもん(音声ファイル倍速再生ソフト)※仮面舞踏会(pcで流れる音声を録音するソフト)この二つをまずダウンロードして準備します。

 

パソコンが苦手な人は、得意な人にお願いして設定してもらって下さい。

 

スポンサードリンク

倍速音声の作り方

上の二つのツールの準備ができたら、音声CDをパソコンに入れます。

 

今回は、システム英単語のCDの倍速ファイルを作ってみます。

 

英単語ピーナツ銅メダルコースでもいいでしょう。

 

「聞々ハヤえもん」>「ファイル」>「開く」で、再生する音声ファイルを選択します。

 

一旦再生してみて、再生速度を調整します。

 

最初は130〜150%くらいからスタートして下さい。

 

シス単のCDだと、140%くらいがいいですね。

 

聞き取れるギリギリよりちょっとゆっくり目にするのがコツです。

 

10分も聴いていると、140%でも普通に聞こえてきますから不思議です。

 

ツールのデフォルト設定では「連続再生」になっているはずですが、なっていない場合は、「再生」>「連続再生」をクリックして下さい。

 

ファイルの再生順を整えるには、全部をまず選択した後、リスト中の余分のファイル名をクリックしてキーボードの「Delete」ボタンで削除して、あとは一つずつ追加していけば可能です。

 

倍速で再生して、それを録音する

再生速度と再生順序が決まったら、それを今度は録音します。

 

「仮面舞踏会」の録音ボタン(赤いボタン)を押してから、「聞々ハヤえもん」の再生ボタンを押して、録音して下さい。

 

録音すると、WAVE形式のファイルができますので、「仮面舞踏会」>「オプション」>「WAVE<==>MP3変換」を使って、mp3形式に圧縮して下さい。

 

ファイルサイズが20分の1くらいまで圧縮されます。

 

よく分からなければ、最初はパソコンに詳しい人に設定してもらうと、いいでしょう。

 

倍速音声は、脳の活性化にもいいですし、時間短縮になります。

 

覚えようと思わずに、ただ聞き流したり、シャドウイング(同じ事を言ってみる)するだけで十分です。

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

英語・英会話教材 人気ランキング 2016/10

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★オウム返しをするだけで英語が飛び出す!スピーキングパワー

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★英語バイリンガル育成プログラム!リスニングパワー

★第6位★TOEIC900点、ネイティブも驚く医師が教える科学的英語勉強法講義

このエントリーをはてなブックマークに追加