★英単語暗記★動画で1万4,000語ミリオン・ボキャメモリー

受験勉強には、まず受験基礎学力が必要です!

受験勉強は、次のように局面(フェイズ)分けすることができます。

 

* フェイズ0  (学校で、基本的なことを教わるフェイズ) * フェイズ1  受験に必要な『受験学力』の基礎を構築する * フェイズ2  センター試験で8割の点数をとる学力を構築する * フェイズ3  二次試験で必要な『二次試験学力』の基礎を構築する * フェイズ4  難関大学の二次試験合格のための学力を構築する * フェイズ5  センター試験直前の準備 * フェイズ6  二次試験直前の準備このフェイズ表自体は、私のオリジナルなんだけど、ちゃんとした受験指導しているところなら、どこでもこんな感じに分けて考えているんじゃないでしょうか。

 

難関大学を目指す多くの受験生に、広く受け入れられるものだと考えています。

 

ではミキちゃん、一つ一つ、解説していきますね。

 

「ふぁーい。

 

おねがひしま〜す」まず最初は、フェイズ1です。

 

受験勉強の、一番最初のフェイズです。

 

このフェイズは何かというと、『受験勉強を始めるための勉強』のフェイズです。

 

「受験勉強を始めるための勉強? 受験勉強するのに、勉強が必要なの?」 それが実は、必要なんです。

 

スポーツや武術で、基礎トレーニングというのをやりますよね。

 

たとえば基本トレーニングとか、基本功(きほんこう)なんて言います。

 

素振りとか、型とか、ああいうものだと思ってください。

 

「準備体操?」準備体操ではありません。

 

れっきとしたトレーニングです。

 


段階の飛び越し

たとえば運動部に入ると、最初は延々、基本技の練習をしますよね。

 

球技だったらパスとか、ドリブルとか、シュートとか。

 

それからダッシュしたり、持久走したり、負荷トレーニングなどをしたりします。

 

武術などだと、型や基本の動きというのを、延々やります。

 

それから延々立っているだけ(タントウ功=杭のように立つ)とか、馬歩(まほ=馬に乗る姿勢)などをやります。

 

「ん〜。

 

ウチもやらされたことある。

 

退屈なんだよね〜、ああいうの。

 

ウチ、バスケ部だったんだけど、30分延々ドリブルだった。

 

しかも同じとこで中腰で。

 

あり得なくない?」確かに退屈ですね。

 

でも基本トレーニングをちゃんとやっておかないと、先に進んで行き詰まります。

 

『段階の飛び越し』という現象です。

 

適当に勉強している人は、そこで「自分は頭が悪い」と思ってしまうようですが、要するに基本ができていないだけです。

 

頭が悪いんじゃなくて、やってないだけ。

 

たとえば、ミキちゃんがやったって言うドリブル練習は、きっとボールを楽に扱えるなるための練習でしょうね。

 

長時間ドリブルを続けるためには、ムダな力が入っているとできないでしょう。

 

手や腕だけでドリブルしていたんでは、何十分も続けられないでしょう。

 

ボールとからだが一体化して、身体全体でドリブルするようにしないと。

 

でも、そう言うことができるようになって初めて、試合や他の練習でボールを軽く自由に扱えるようになるわけですね。

 

だから試合でボールをポロポロこぼすような人は、ドリブル練習がちゃんとできていないんでしょう。

 

MBA選手のプレイをみると、ボールが身体に吸い付いているみたいですごいですが、ああいうふうになるために練習しないとね。

 

勉強だって、そういう基礎トレーニングが必要なんですよ。

 


英語・英会話教材 人気ランキング

★第1位★600のフレーズを完全記憶七田式60日完全記憶英会話

★第2位★LA英会話学校が教える会話の流れ!Hapaトラベル英会話

★第3位★英会話の基礎能力ビデオ講座!自力で辞書無し英会話 ADVANCED BEGINNER

★第4位★歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法英語ぺらぺら君

★第5位★30日で英語が聞き取れる!リスニングパワー ボキャパワー付


このエントリーをはてなブックマークに追加


Z会 英語

スタディサプリ TOEIC対策